パソコン知識なし、アラフォー4人子育て真っ最中の私がブログを始めた理由。

2021-03-06

自己紹介

はじめまして、ennanaと申します。

このブログに興味を持っていただいてありがとうございます。

簡単に自己紹介をさせていただくと、都内で保育士として働き、家では4人の子どもと生活し、

今一番やりたいことが、インナーカラーなアラフォーママです。

職場と自宅の往復&子ども達との時間をもつことで、精いっぱいな日々を送っています。

保育士という仕事は子どもの頃からの夢でやりがいも感じているし、

自分の子ども達と過ごす日々も、大変なことは多いけれどとても充実しています。

 こんな風に言い切れるようになるまでには、沢山の紆余曲折がありまして。それについてはいずれここに記録していきたいと思っています。

35歳を過ぎてから、ふとした時に「このままノンストップで働きながら、子どもの成長に置いて行かれないように必死に生きていくんだよな」と考えるようになりました。

そして漠然と、「このルーティーンをこのまま続けていくのもいいけれど、何か新しいことにチャレンジできないかな」とふつふつと湧き上がるものがあったのです。

じゃあ、私は何をしたいんだ?と自分の気持ちと向き合って探して決めたのが

自分のブログを作ること」でした。

そこからは、思い立ったが吉日とばかりに、自己啓発系のサイトにも背中を押され、勢いよくサーバー契約(笑)

しかーし、全く専門用語が分からず、全てをググりながらなんとかここまできました!感動!!

1週間かかってようやく初めての記事を書いています。

 ※まだ目次を作ったりするスキルはないので、読みにくいかもしれないです。ごめんなさい。

個人ブログを始めた理由

仕事と子育て、毎日の生活をこなすだけで精いっぱい。ネットの世界に全く接点がなくかった私が、どうしてサーバーまで有料でレンタルして「個人ブログ」を作ったのか。理由は3つあります。

1、自分の経験や知識が誰かの役に立つかもしれないと思えたから

プライベートでも仕事でも子どもと絡み続けて早15年。

今までしてきた試行錯誤は、無駄ではなかった。今すごく子育てが楽しくなってきたんです。

もちろんもう悩まないというわけではありません。これからも生きている限り、悩み→調べ→試すというサイクルを続けていくと思います。

ですが、ここへきてようやく保育士の新人時代からの疑問、そして、子どもを初めて授かった新米ママ時代からの疑問に、自分なりの答えを見つけられるようになってきました。

これらは、私の試行錯誤の結果ですし、全ての悩めるママや保育士にあてはまります!!なんて言えはしないのですが、

それでも

あれ?この時はこうすると上手くいくぞ!」とか、

このことを学んで意識していたら自分が変わった!なんて楽なんだ!」とか、

自分が生きやすくなったと感じたり、子ども達と良好な関係を築けている実感を確かに感じられた時の感動は、ものすごい物がありました。

それが積み重なって、自分なりの“楽に生きるためのトレーニング法”的なものや、“子育て攻略マニュアル”なんぞができてきて。

段々とそれを、同じ悩みを持つ人に向けて発信したい!と思うようになりました。       

2、ブログが、゛自分の子どもと楽しむツールになる”と思ったから

小学校ではICT化が進み、私の子もiPadを手にすることに。

これからの生き方を子どもと一緒に理解していくには、ネット社会を自ら体感するのが早いかもという結論に。

自分が小学生の頃には想像もできなかった、小学生にも1人1端末時代。学校からは再三「正しい使い方」が載ったプリントをいただいてます。

すごい時代ですよね。ついこの間まで、子どもの調べ物は辞典か電子辞書が正義だったのに(笑)

今までテレビや親の携帯でYouTubeを見たり、アプリのゲームをする程度だった娘。これからは、自由にネット検索して調べ物をするのが習慣になっていくはずです。

そこで不安になるのが“ネットリテラシー”です。

ネットリテラシー”については、学校で教えてもらったり、テレビのニュースで流れた時に親子で話すようにしていますが、それでも漠然とした「うちの子大丈夫なんかい!?」という不安。

だって検索したら、普通に大人の人が何かを猛烈に批判したり、パワハラ?モラハラ?感満載の記事が沢山でてくるから。

相手の意見も尊重しつつ自分の意見を主張するディベートとは違う、一方的に負の感情を発信・拡散することができてしまうネットの世界。

とても便利なツールだけど、使い方を間違って覚えてしまったら危険な価値観を持つきっかけになってしまうかもしれません。

じゃあ親として私に何ができるのかな?と考えた時に、

“人の役に立ちたいという動機で情報を発信する当事者になること”でした。

まだ始めたばかりだけれど、HPの画面を見て「いいじゃん!!」と嬉しい反応もあったりして。

自分の親が、新しいことにチャレンジしながらワクワクして生きる姿も見せていけたら、さらにgoodだなと思うんです。

これからこのブログをどんな風に育てていこうかな。

発信する内容を子ども達と一緒に考えたり、子どもに任せるコーナーを作っても面白いなーなんて、夢はどんどん膨らむばかりなので、まずは自分がブログに慣れて、基礎的な知識を学習しようと思います!

3、「ブログは資産」という理由に納得したから

実は収益を目的にする以外にもやってみる価値がある。

ブログは、“学び、考え、表現するためのツール” 人生のスキルアップになる教材かもしれません。

“ブログが自分の資産になる”と初めて聞いた時は、広告収入でお金を稼ぐってことだよなーと思っていました。

でも色々調べるうちに、実はそれだけではないんだということを知り、実際に始めてみてよく分かりました。

1週間前までは、「仕事でも保護者に伝える場は沢山あったし、それなりの伝えるスキルは身についているはず。だからブログで書きたいことを書くのも、そんなに大変じゃないんじゃないかな。」と思っていました。

そんな1週間前の自分に大きな声で言いたい。

お互いを知ってる人に伝えるのと、全く顔の見えない人に伝えるのは、全・然・違うぞーーー!!!

言いたいことが沢山あっても、それをどう論理的に伝えるか、考えたことあるのんかーーーい!!!

一つの文章を書くのにこんなに時間がかかるなんて、正直思っていませんでした。

ブログを書くには、論理的な思考力や、伝わりやすいように文章を組み立てる構成力、きれいな日本語を使った確かな文章力と豊かな語彙力、読んだ人を楽しませる表現力の全てが求められるんです。

逆に言うと、沢山の人に見てもらうブログを作ることを目指したら、必然的にこれらの力を身につける努力をしていくということになります。

もしこれらの力を養えたら、“自分の可能性が広がるかも” “もっと自分の人生を楽しめるかも”と、ワクワクしたんです。

作る過程がすでに自分の財産になる。そして、いつまでも見返すことができる人生の記録になるなんて、すごくないですか?

1カ月前は夢にも思わなかった“ブログをやる”ということ

私の中身の紹介をすると、

2020年以前は、ものすごくネガティブ思考で自己肯定感がもてない人でした。

何をやるにも、「ほかの人が見ておかしくないかな?」とか、

「誰か嫌な気持ちになる人はいないかな?」とか、

ありとあらゆるシュミレーションをしないと行動できないタイプで、

それでも後には必ず「あぁうまくいかなかった」「やっぱりやめておけばよかった」

と後悔することばかりでした。

仕事では子ども達に優しく接することができても、プライベートでは、時間に追われて常にイライラしていました。

表面上は、「いつも笑顔で悩みなさそうだよね」と言われる八方美人。

でも中身は、自己肯定感が低くて、やさぐれこじらせの面倒くさい人でした。

旦那からの共感は得られず、「大変だね」と気持ち冷ややかな態度をとられることもしばしば。

 今はその面倒くさい思考ループから脱出できてきたので、旦那との関係も良好なのですが。

自分に自信がない私は、“自分が書いた文章なんて見返す意味がない”と感じていたので、

「ブログで自分の考えたことを発信する」なんてことは、“信じられないくらい恥ずかしい行為”以外の何物でもなかったです。

そんな私の思考がどうして変わっていったのか。きっかけや実際にやっているトレーニング法については、また追々書いていきたいと思います。

これからブログに書いていきたいこと

「子育てに正解はないから」と言うのに、

「〇〇しましょう」というルールは溢れていて。

子育てって何でこんなに難しいのでしょうね。

“どうしてそのルールがあるのか”ということすら考える時間がなく、慌ただしく過ぎていく毎日。

“いつまでこの苦悩が続くのか”という漠然とした不安と、“もっとうまくやりたいのに”という苛立ちに、

心を締め付けられるような、心が削られるような日々。

子どもの寝顔を見て、

  もっと優しくしてあげればよかったな

  もっと一緒に遊んであげればよかったな

  もっともっと・・・

ぐるぐる考えながら眠りについたり。

そんな余裕すらなく倒れこむように寝て、疲れが取れないまま迎える朝。

  私がそうだったので、もし同じ感覚で生きている人がいたら、まず最初に伝えたいことがあります。

それは、

子どものこと、子育てのこと、自分のこと、周りの人のこと、

それぞれの本質を理解したら、自分に合った向き合い方や上手く付き合う方法が見つかるかもしれないということ。

そして沢山の「こうした方がいい」という情報に惑わされず、他の人の失敗談をみて安心するループから抜け出して、自分にちょうどいいルールや必要な情報を選択できるようになれるかもしれないということ。

自分の気持ちと向き合って自問自答を繰り返す中で、“こうしたい、こうなりたい”という欲求をストレートに感じられるようになったら、それを実現するためのヒントは、この世界に必ずあると思うんです

私がこれからここに載せていく情報は、沢山の情報の中から自分で選んで試して、本当に役立ったものだけにしようと思っています。

また、自分の子ども達と見て一緒に楽しめるようなもの、そしてその彼らがいつか自分の子どもをもった時に役立つようなものを作っていきたいと思っています。

最後に。このブログが今後、読んでくれたみなさんの気持ちを少しでも軽く、温かくして、あしたに向かう勇気をもつ手伝いをしてくれるようになれば幸いです。

ブログを始められた今日は、私史の中の記念すべき日でした。(書き上げるのに3日かかりましたがw)

これから、何卒よろしくお願いいたします。